【登録前の疑問と不安を解消】dマガジンの検索/ダウンロード/履歴機能を解説

こんな人向けに書きました
  • 雑誌読み放題サービスに興味があるけど、登録しようか悩んでいる。
  • dマガジンを実際に利用している人から"あってよかった機能""なくて残念だった機能"も聴きたい。
    ⇒検索機能やオフラインで読める機能など、機能別に紹介しています。
  • 実際に登録するまでの手順も確認しておきたい。
    ⇒【2.dマガジンに登録するには】で、dアカウントのあるなしで手順を解説しています。docomoユーザー以外でも登録可能です。

dマガジンの基本情報と機能

dマガジンってどんなサービス?月額料金は?

  • スマホアプリでも、PCのブラウザでも雑誌を読める。

dマガジン登録前に心配だった点はどうだった?

登録する前に心配だった点をメモしておいたので、登録前の自分と今の自分との対談形式で紹介していきます。

dマガジンはスマホアプリでもブラウザでも見れますが、アプリのほうが圧倒的に使いやすいです。
この記事ではアプリでdマガジンを利用することを前提としています。

どれくらいの記事が読める?

雑誌500誌以上っていうけど、どうせそんな読めないし。例えば、乃木坂46のグラビアやインタビューがよく載る雑誌はどれくらい読めるの?
いわゆるグラビア雑誌だと『EX大衆』、『FRIDAY』、『FLASH』、『月刊エンタメ』など。
ファッション誌では『CanCam』(松村沙友里/山下美月)、『JJ』(樋口日奈)『ar』(堀未央奈)、『with』(梅澤美波)、『non-no』(遠藤さくら)などが読めます。
これがあって良かった
◢『EX大衆』といえばほぼ毎月乃木坂46のグラビアやインタビューが掲載される雑誌。これが読めるのは嬉しい。しかもバックナンバーで1年前までさかのぼれるのは驚いた。

◢紙雑誌の特権だと思っていた付録のポスターも、dマガジンで見れることがある。
例:月刊エンタメ9月・10月合併号の賀喜遥香ポスター

◢男性ファンには手が出しづらい女性ファッション誌をこっそり読めるのが嬉しい。モデルとして活躍するメンバーの姿は新鮮。

乃木坂46現役メンバーのモデル情報は別記事でまとめています。

【2021年版】モデルで活躍する乃木坂46現役メンバーと雑誌一覧

これがちょっと残念だった

◢雑誌は登録されているけど、dマガジン版では読めなくなっている記事がある。
例:日経エンタテインメント!の連載記事『梅澤美波の清楚系熱血派』←dマガジンで読めました!(2021年1月11日時点)

◢乃木坂ちゃんがよく掲載されるけど読めない雑誌もある。
グラビア誌では『アップトゥボーイ』、『BRODY』、『BOMB』、『BUBKA』など。あとは巻頭グラビアによく乃木坂ちゃんが登場する漫画雑誌も読めません(週刊少年チャンピオンなど)。
とはいえこのいま挙げた雑誌はdマガジンのライバルである「楽天マガジン」でも同じく読めません。

そもそも読み放題には対応していない雑誌だと思って割り切るしかないですね。


実際に読んだ雑誌は以下の記事で紹介しています

【2021年2月版】dマガジンで読んだ電子版グラビア雑誌レビュー~乃木坂46多め~

dマガジンの検索機能は使いやすい?かんたん検索のコツを紹介

読みたい記事はどうやって探すの?推しメンや気になってる女優が出てる記事も簡単に検索できる?
TOP画面に検索ボタンが出てるので簡単。雑誌名検索もキーワード検索(乃木坂46、メンバー名など)もできます。検索にはちょっとしたコツがあるので紹介します。
  1. かんたん検索のコツ「なるべく短いキーワードを入力する」

具体例で紹介します。

例えば「乃木坂46」でキーワード検索すると記事が98件見つかります。
でも、この98件の中には姉妹グループの櫻坂46や日向坂46の記事も含まれてしまうんですね。
ちょっとクセのある検索システムだなぁと思います。

そこで「乃木坂」でキーワード検索し直すと記事が62件に。
これでほぼ乃木坂46の記事だけになりました。

  1. かんたん検索のコツ「メンバー個人名でも検索してみたほうが良い(特に専属モデルメンバー)」

①で「乃木坂」でキーワード検索するとヒットした62件の記事ですが。

なぜかこの62件にはファッション誌はほとんど含まれていないんです。

乃木坂46といえば松村沙友理(CanCam)、樋口日奈(JJ)、堀未央奈(ar)、山下美月(CanCam)、遠藤さくら(non-no)などたくさんのメンバーがモデルとして各ファッション誌で活躍しています。しかもいま紹介したファッション誌は全部、dマガジンで読める雑誌なんです。

なのに「乃木坂」のキーワード検索でヒットしない理由は、ファッション誌には乃木坂46という肩書なしで掲載されることが多いからだと思います。

なので推しメンや気になっているメンバーがモデルとして活躍している場合は個人名で検索するのがコツです。

これがあって良かった
かんたん検索でバックナンバーの記事まで探してくれるのはめちゃくちゃ便利。紙雑誌で同じことをやるのはかなりの手間!
これがちょっと残念だった
ファッション誌の記事は検索で見つけづらい。「乃木坂46」の肩書無しでメンバーが頑張ってるのでしょうがない。

dマガジンはオフラインでも雑誌を見れる?記事の保存方法は?

記事をダウンロードしておけばオフライン環境でも見れる?
バッチリ見れます。しかも、オンラインで読んだ記事は自動でダウンロードされてます。「さっきまで読んでた記事、ダウンロードしておくの忘れた!」なんて失敗はありません。
これがあって良かった
自動でダウンロードする範囲を選べる機能もあります。読んでる記事だけダウンロードするのか、その記事を含む雑誌一冊まるまるダウンロードするのか。かゆいところに手が届く機能で、通信料やバッテリー消耗を気にする人におすすめ。
詳しくは【メニュー】→【ダウンロード】→【ダウンロード設定】で。

dマガジンでは記事の保存方法として、ダウンロード以外にも"クリッピング機能"や"スクショ"などを使うことができます。保存方法は次の記事でくわしく比較、紹介しています。

dマガジンの記事をスクショで永久保存【ダウンロードやクリッピングとの違いも解説】

dマガジンは通知をしてくれる?

乃木坂ちゃんが載ってる雑誌が見れるようになったら通知してほしいんだけど・・・
現時点でそこまでの機能はないようです。でも『EX大衆』など乃木坂ちゃんがよく登場する雑誌をお気に入り登録しておくと新刊通知が届きます。

dマガジンで雑誌を見た履歴は残る?そして消せる?

家族と共有のタブレットで見るから、どんな記事を読んでるかバレたくないんだけど・・・履歴は残っちゃうの?
履歴は「最近読んだ雑誌」「最近読んだ記事」という形で残ってしまいます。でも、簡単に削除できます!

【見た雑誌の履歴を確認する方法】
dマガジンアプリ画面右下の【マイページ】→【最近読んだ雑誌】又は【最近読んだ記事】

【履歴を削除する方法】
dマガジンアプリ画面右上の【メニュー】→【ダウンロード】→【ダウンロード雑誌の削除】

これがあって良かった
履歴の削除では、雑誌の個別削除が出来る。例えば「グラビア誌のコレとアレを読んだ履歴は残したくない」といった使い方も。面倒なら一括削除でOK。
これがちょっと残念だった
履歴を確認したいときは【マイページ】、履歴を削除したいときは【メニュー】で、入り口がそれぞれ違う。
最初はちょっと分かりづらいかも。

dマガジンを使ってみて初めて分かった“イイところ”

セクシーなグラビアアイドルが表紙を飾る雑誌を買わずに読める

(◞‸◟)「中身のグラビアやインタビューをじっくり読みたいけど、コンビニや本屋で買うのは恥ずかしい…」
(◞‸◟)「買ったとしても家族の目が気になるので、家で隠しておくのが大変…」

↓dマガジンで実際にどれくらいのグラビア雑誌を読めたのか?というリアルな内容は別記事で紹介しています。

【2021年2月版】dマガジンで読んだ電子版グラビア雑誌レビュー~乃木坂46多め~

インタビュー記事もじっくり読める

個人的には乃木坂46の美しいグラビアを見たいと思って登録しましたが、見ているのは意外とインタビュー記事のほう。

インタビュー記事は読むのに時間もかかるので、自宅でも移動中でも読めるのはありがたいです。
ブログでは書いていないようなメンバー同士の関係性や、パフォーマンスに対するこだわりとかを読めるのがいいですね。「特にここを頑張ってます」とか「この仕事をもっとやってみたいです」とかいう意気込みを読めると、応援するときの見所が増えてファン生活が充実します。

僕はEX大衆2020年9月号で松尾美佑ちゃんのインタビューを読んで「これからはこの子のダンスにも注目しよう!」と思いました。

"旅行の荷物が減らせる"、地味にありがたい雑誌

「こんな雑誌も読めるのか!」

と驚いたのは「ことりっぷ」などの旅行ガイド雑誌。

普通に買うと¥935(税込)ですが、dマガジンで読み放題です。

僕も旅行のために買ったことはありますが、旅行から帰ってくるともう読まないので買うのがもったいないんですよね。
図書館でも借りれるけど最新号は借りられないこともあるし。

なので、dマガジンで旅行雑誌を読めるのは意外と良いかもと思いました。
旅行の荷物が減らせるのも嬉しい。


dマガジンに登録するには

ここまで読んで、

「初回31日間無料なら試しに使ってみようかな」
「気に入らなかったら無料期間中にも解約できるから登録してみようかな

と思った人向けに、登録するまでの手順を解説します。

dマガジンを利用できる条件は?

対応機種を持っていること

dマガジンはスマートフォン/タブレット、パソコンで利用可能です。

最近のスマートフォン/タブレットならまず問題ありませんが、心配な人はdマガジンの対応機種一覧へ。

dアカウントを持っていること

dアカウントを持っていれば、docomoユーザー以外でもdマガジンを利用可能です。

こんな人でもdマガジンを利用できます

「docomoユーザーだけど、dアカウントのID/パスワードなんて覚えてない…」

⇒dアカウント公式ヘルプで解決方法が分かります。

dアカウント公式ヘルプ:ID/パスワードをお忘れの方・ロックがかかってしまった方 | dアカウント (docomo.ne.jp)

こんな人でもdマガジンを利用できます

「docomoユーザーじゃないから、dアカウントなんて持ってない…」

⇒dマガジンを登録する途中でdアカウントを作成可能です。dアカウントはdocomoユーザー以外でも無料で作成できます。

(docomoユーザー以外)クレジットカード

docomoユーザー以外は支払い方法がdocomoに登録されていないので、支払い方法としてクレジットカードを登録する必要があります。
VISA・MasterCard・JCB・AMERICAN EXPRESSが使用可能です。

dマガジンをお得に登録できるタイミングは?

dマガジンを数百円でもお得に始めたいなら、月の初めで登録するのがベストタイミングです。

dマガジン公式ヘルプから抜粋すると以下の通りです

月の途中でdマガジン会員に登録をしていただいても日割り計算にはならず、登録いただいた日からその月の末日までがご利用期間になり、400円(税抜)の月額利用料金をご請求させていただきます。

Q.月の途中からdマガジンに登録した場合、料金はどうなりますか?(dマガジンよくある質問より)
月の下旬で登録してしまうともったいない例

例①【4月1日に登録した場合】
4月1日~5月1日は初回31日間お試し無料
5月2日に月額料金が引き落とし
⇒6月1日に月額料金が引き落とし(以降、毎月1日)

例②【4月20日に登録した場合】
4月20日~5月20日は初回31日間お試し無料
5月21日に月額料金が引き落とし
⇒6月1日に月額料金が引き落とし(以降、毎月1日)

4月1日~19日までdマガジンを使えなかったので、例①よりモッタイナイ…(日割りで計算すると300円くらい)

dマガジンを登録するまでの手順は?(dアカウントありなし/docomoユーザーかどうか)

①dアカウントを持っていて、docomoユーザーの人はココからスタート↓

②dアカウントを持っていて、docomoユーザーじゃない人はココからスタート↓

③dアカウントを持っていない人はココからスタート↓

①dアカウントを持っていて、docomoユーザーである

  1. 以下のリンクをクリックしてdマガジンの登録画面へ。

dマガジンを初回31日間無料でお試しする

  1. 赤いボタンのまずは初回31日間無料でお試しをクリック。
  2. 【dアカウントのID】と【パスワード】を入力する。

忘れてしまった人はdアカウント公式ヘルプへ:ID/パスワードをお忘れの方・ロックがかかってしまった方 | dアカウント (docomo.ne.jp)

  1. dマガジンの登録完了
    スマートフォン/タブレットで利用する人はdマガジンアプリのダウンロードがおススメ。

iOS用dマガジンアプリのダウンロードはコチラ。

Android用dマガジンアプリのダウンロードはコチラ。

  1. 31日間無料お試しの間に解約すれば完全無料で完結。気に入ったら何もしなくてもそのまま継続。

②dアカウントを持っていて、docomoユーザーじゃない

  1. 以下のリンクをクリックしてdマガジンの登録画面へ。

dマガジンを初回31日間無料でお試しする

  1. 赤いボタンのまずは初回31日間無料でお試しをクリック。
  2. 【dアカウントのID】と【パスワード】を入力する。

忘れてしまった人はdアカウント公式ヘルプへ:ID/パスワードをお忘れの方・ロックがかかってしまった方 | dアカウント (docomo.ne.jp)

  1. クレジットカードを登録する。
    ※VISA、MasterCard、JCB、AMERICAN EXPRESSが使用可能です。
  1. dマガジンの登録完了
    スマートフォン/タブレットで利用する人はdマガジンアプリのダウンロードがおススメ。

iOS用dマガジンアプリのダウンロードはコチラ。

Android用dマガジンアプリのダウンロードはコチラ。

  1. 31日間無料お試しの間に解約すれば完全無料で完結。気に入ったら何もしなくてもそのまま継続。

③dアカウントを持っていない

  1. 以下のリンクをクリックしてdマガジンの登録画面へ。

dマガジンを初回31日間無料でお試しする

  1. 赤いボタンのまずは初回31日間無料でお試しをクリック。
  2. 【dアカウントを発行する】をクリック。
  3. メールアドレスを登録する。
    ※gmailアドレスや、他社スマホのメールアドレスで登録可能です。
  4. 画面の指示に従って、情報を入力していく。

・登録するdアカウントのID(メールアドレスをIDとして利用可能)
・登録するパスワード
・氏名
・性別
・生年月日

  1. dアカウントの発行完了。【サービスへ戻る】をクリック。
  2. 【dアカウントのID】と【パスワード】を入力する。
  1. クレジットカードを登録する。
    ※VISA、MasterCard、JCB、AMERICAN EXPRESSが使用可能です。
  1. dマガジンの登録完了
    スマートフォン/タブレットで利用する人はdマガジンアプリのダウンロードがおススメ。

iOS用dマガジンアプリのダウンロードはコチラ。

Android用dマガジンアプリのダウンロードはコチラ。

  1. 31日間無料お試しの間に解約すれば完全無料で完結。気に入ったら何もしなくてもそのまま継続。

まとめ~【登録前の疑問と不安を解消】dマガジンの検索/ダウンロード/履歴機能を解説~

  • EX大衆・月刊エンタメなどのグラビア雑誌や、FLASH・FRIDAYなどのグラビア多めの週刊誌は読み放題。
  • かんたん検索がシンプルで便利。コツをつかめば十分使いこなせる。
  • 選んだ記事を自動でダウンロードしてくれるので、オフラインでも読みやすい。
  • 通知機能はもうちょっと便利になるといいなぁ。
  • 履歴は残るけど消すのも簡単。家族と共通のタブレットでも問題なし。
  • 登録方法は、docomoユーザーなら支払い方法の登録を省略できるので超カンタン!

以上、グラビアやインタビュー見たさにdマガジンに登録して使ってみた感想でした。