【写真付き感想】2つの映像研カフェへ乃木坂46オタク夫婦で行ってみた(表参道&東京スカイツリータウン)

本記事では、2つの映像研カフェに行ってみた感想を写真付きでサクッと紹介します。


表参道の映像研カフェ

原宿から歩くと思わぬところで聖地巡礼

JR山手線の原宿駅で降りて、表参道ヒルズへ歩いて向かう。

途中の信号待ちで妻が気付く。

妻「ここで乃木坂ちゃんはMV撮影したんだね~」

僕「え、、?あっ!!あの階段ってアレか!!」

表参道ヒルズに到着

原宿駅から来る人はメインエントランスから入ることになります。


表参道駅から来た人はイーストエントランスから入ることになると思います。

「表参道ヒルズ」。

名前からしてめちゃくちゃオシャレですが、中の構造も吹き抜きになっててオシャレです。
(写真は撮り忘れましたが)

予約時間も迫ってたので早速地下3階へ。

表参道の映像研カフェへ

入店するときのルール

外観はこんな感じ。
階段で地下3階に降りるとすぐです。

入店前、列に並んでいる間にやったこと4つです。

  1. 事前予約をした証のスマホ画面を見せる
  2. 体温チェックと手の消毒
  3. メニューを決めて注文する(追加注文はNG)
  4. 並んだ順にグッズ販売の整理券を受け取る

ちなみに僕らが行った時間帯は予約でいっぱいでした。

事前予約者限定特典

絵柄はランダム2種のオリジナルチケットファイルです。
入店時にもらえます。

むにお
2人分予約したので2枚もらいましたが、同じ絵柄でした、、

ドリンクを注文するともらえるコースター

ドリンク1品注文するともらえるオリジナルコースター。
事前予約者特典と同じく、入店時にもらえます。

浅草氏と水崎氏!

店内の内装や展示品

店内の奥には額縁に入ったポスターを展示。
こっちもポスター展示。
壁のモニターではメイキング映像などを上映。
店内での録画・録音は禁止されています。
写真撮影のみOKだそうです。
浅草みどり役の齋藤飛鳥のサイン。
水崎ツバメ役の山下美月のサイン。
金森さやか役の梅澤美波のサイン。

注文したもの

まず、妻が注文した『浅草氏のネギラーメン』。
箸袋のデザインも映像研仕様!


僕が注文した『金森氏の激辛コロッケパン』。
つまようじも映像研仕様、というか金森氏仕様(笑)。

グッズ売り場

入店前に受け取った整理券の番号を呼ばれたら、グッズ売り場へ行ってOKです。

僕もそうでしたが、食事の途中で呼ばれて食事を中断する人が結構多かったです。

グッズ売り場にも映像研トリオのサインがあります。

グッズ売り場ではサイン入りトートバッグを展示。

売り切れていたグッズは『ミニタオル(齋藤飛鳥バージョン)』でした。
(2020年9月17日時点)


むにお
表参道のカフェで買ったのはクリアファイル3種と、妻にリクエストされたボールペンです。
(絵柄がランダムのものはギャンブル性があって買いづらい、、)
クリアファイル全3種
芝浜高校デザインのボールペン

自宅ではこのように飾っています。

飾る方法は以下の記事で紹介しています。

【額縁やフレーム不要】クリアファイルをクリップとひもで簡単に飾る方法

表参道の映像研カフェに行ってみて分かったこと
  • 外観や内装が思った以上に映像研仕様で作られていて、作品の世界観に没頭できる。
  • サイン入りの大きいボードが店外と店内をうまくさえぎっているので、やっぱり世界観に没頭できる。
  • 壁のモニターで流れている映像はレア度が高くてお得感がある。
  • 乃木坂46メンバーのサインは思った以上にテンションが上がる!

↑topに戻る。

東京ソラマチ(東京スカイツリータウン内)の映像研カフェ

先に映像研には手を出すな!ポップアップショップへ

周りを柵で覆われた特設エリアみたいになってて、出入り口は2か所だけでした。
(入場制限をかけたときの人の流れをスムーズにするためか)

衣装展示

まずはtwitterでも紹介されてた衣装展示。

映像研には手を出すな!の衣装展示

触るのは厳禁ですが、写真撮影はOKみたいでした。

グッズ売り場

劇場版グッズのラインナップはこちら(ツリービレッジの公式サイト)。

劇場版グッズのラインナップのうち、アクリルスタンドは浅草・水崎・金森の3人とも売り切れでした。

むにお
財布と相談した結果、劇場版のグッズは買いませんでした。
妻はうさぎぬいぐるみを買うかどうかで悩んでましたが、、


衣装展示の前にはアニメ版のグッズコーナー。
ラインナップはこちら(ツリービレッジの公式サイト)。

規模としては劇場版と同じくくらいですが、アニメ版のほうがTシャツの種類が豊富なイメージ。

↑のリンクで紹介されてないデザインのTシャツも置いてありました。

むにお
僕らは夫婦でアニメ版も楽しんでいたので、クリアファイルを買いました。

映像研には手を出すな!コラボカフェへ

入店するときのルール

外観はこんな感じです。

映像研コラボカフェ外観

基本的に自動扉の前で待つシステムのようです。
注文前の席取りもNGです。

注文したものとクリアしおり

2人で注文したのは2品。

  • 金森のそばかすオムライス(¥980)
  • 水崎のセレブなサンドイッチ(¥980)
金森のそばかすオムライスand水崎のセレブなサンドイッチ
むにお
オムライスの卵は意外とふわふわで、サンドイッチはトマトが美味!
ちなみにポテトと唐揚げの上に乗ってるサングラスも食べれます。

2品注文したので、クリアしおりを2枚もらいました。
(絵柄は8種ランダム)

店内での商品交換行為は禁止されてます。
(そもそも店内にはそんなスペースが無いです、、)
東京ソラマチの映像研カフェに行ってみて分かったこと
  • 店内は思ったより狭い。
  • 外観とかメニューは映像研仕様になってるけど、それ以外は普通のカフェといった感じ。
  • 平日の昼間だったので空いてて快適。
    (入店時のお客さんは僕ら夫婦だけで、帰る頃に乃木坂ファンらしき女性が1人で来店)

↑topに戻る。

まとめ

2つの映像研カフェをめぐりました。

総合的な満足感は表参道カフェのほうが高かったですね。
手の込んだ内装のおかげで、作品に没頭できる感覚は圧倒的に強いです。

でも、気軽に入れてライトなファンにもおススメできるのは東京ソラマチの映像研カフェかなと。
ショップだけでも入れるし。

以上、最後まで読んでくださりありがとうございました!

↑topに戻る。