【ポストカードの飾り方】シンプルでおススメの方法を厳選(必要なグッズも紹介)

こんな人向けに書きました
  • 「ポストカードを部屋に飾ってみたいけど、自分に合った飾り方が分からない」

この記事では・・・
シンプルで真似しやすい飾り方にこだわって紹介しています。

「他人に自慢できるようなおしゃれな飾り方!」とか「インスタ映え!」とかにはこだわっていません。
真似しやすいように、飾るためのグッズはAmazonや楽天などで手に入りやすい画鋲・固形粘着剤・アクリルフレームから選んでいます。

  • 「ポストカードの飾り方の実例を写真でたくさん紹介するサイトも見たけど、結局どの飾り方が良いのか分からない

この記事では・・・
すでに自分で実践しているか、「この飾り方なら真似してもいいかな」と思った飾り方だけを厳選しています。
※基本的に、見た瞬間に「めんどくさそう!」と自分で直感した飾り方は紹介してません

  • 「ネットで調べてみて『このポストカードの飾り方、真似してみたい!』と思っても、何を買えばいいのか分からない

この記事では・・・
紹介した飾り方を実践するために「どんなグッズを買えばいいか?」「どこで買えるのか?」が分かるようにしています。
※グッズはAmazon/Yahoo!ショッピング/楽天で買えるものをメインで選んでいます

この記事ではポストカードの飾り方と活用方法として、次の3つに大きく分けて紹介します。

①壁に飾る

②(フレームに入れて)立てて飾る

③持ち歩く

むにお

我が家では主に「①壁に飾る」の飾り方で、乃木坂46のポストカードを飾っています。
「②立てて飾る」は、この記事を書こうと思ったのがきっかけでアクリルフレームを買いました。あとでレビューします。

読みたいところから読める目次

ポストカードを壁に飾る

ポストカードを部屋に飾ろうと思ったら、選択肢は大きく分けると2つです。

①壁に飾る

②(フレームに入れて)机や棚に立てて飾る

いろいろ紹介するサイトもありましたが、個人的にはこの2つだけで十分だと思いました。
(多すぎても悩むだけだし…)

まずは壁に飾る方法と必要なグッズから紹介します。

紐とクリップを使って、壁にポストカートを飾る

こんな人におススメ
  • 安くラクにポストカードを飾りたい。
  • 額縁などに入れてキッチリまっすぐ飾ることにはこだわらない。
  • クリアファイルとかコースターとか、ポストカード以外にも使える飾り方が良い。

実践例

我が家での実践例です。

横でも縦でも、向きを気にせず飾れる。
たくさん飾るとこんな感じ。
中の二枚を入れ替えて、左から詰めてみた。
こういう入れ替えや位置調整もラク。
ポストカード以外のグッズもごちゃ混ぜにして飾れます。

【額縁やフレーム不要】クリアファイルをクリップとひもで簡単に飾る方法

必要なグッズ・方法

必要なグッズ

  • 紐(ひも)
  • クリップ
  • 画鋲
    ※壁に画鋲を刺せないor使いたくない人向けに、粘着剤を使う方法をあとで紹介します
  1. ひもの先端で"輪っか"をつくって、先端を"輪っか"に通します。
【1】赤い線の通りにひもを通す
  1. できた"輪っか"に画鋲を入れてひもをひっぱります
【2】赤い輪っかに画鋲を入れてひっぱる
  1. きつく結びます。もう片方の先端も同じように画鋲に結んだら準備完了!
【3】画鋲のくぼんだ部分に結び目がくればOK
余ったひもはジャマなら切る
  1. 壁に画鋲を刺して、クリップでポストカードを挟んだら完成。

紐とクリップは一度買えばしばらく使える

私がAmazonで買った紐とクリップのセットは、

・紐は100メートル巻き
・クリップは100個入り

でした。

画鋲も50本とか100本とかまとめて売ってるものが多いですよね。

なので、紐とクリップを使った飾り方のメリットは、

紐・クリップ・画鋲を一度買ってしまえば大量のポストカードを飾れる

ということです。

ポストカード用のアクリルフレームや額縁などのグッズを使う飾り方だと、ポストカードが増えたら新しいグッズを買い足さないといけません。

注文画面へのリンク(Amazon/Yahoo!)

必要なグッズはコチラ

私が実際に買って使っている、紐とクリップのセットです。

クリップが100個入りなので、

いちど買ってしまえばポストカード100枚も飾れます。


画鋲は"ダルマタイプ"という、持つ部分がくぼんだ画鋲がおススメ。
くぼんだところに紐を結び付けやすいからです。

▼楽天でも買えます
紐をひっつき虫で貼れば、画鋲を使わなくてもOK

紐とクリップで飾る方法は、画鋲が無くても使えます。

YouTubeで良い方法が紹介されてました。

ポストカードの飾り方を紹介する部分から見るならコチラ(3:16)

本記事でもこのあとで紹介する"ひっつき虫"という粘着剤を使って、紐を壁に貼り付けています。

紐の結び方にコツがありそうですが、動画内でめちゃくちゃ分かりやすく解説してくれてるので不器用な人でも大丈夫でしょう。

↑目次に戻る

ソフト粘着剤"ひっつき虫"を使ってポストカードを飾ると、壁を傷つけない

こんな人におススメ
  • いろんな理由(※)で壁に画鋲を刺せない。
    ※壁が硬い、穴を空けたくない、小さい子供がいるので画鋲を使いたくないetc…
  • ポストカードを飾ったときの見た目をスッキリさせたい。
    ※画鋲やクリップでごちゃごちゃさせたくない。

実践例

twitterより引用させていただきます。

コクヨから発売されている、ちぎって使うタイプの粘着剤"ひっつき虫"でポストカードを壁に飾っています。

"ひっつき虫"の商品紹介Amazonより抜粋

・画鋲止めのように壁を傷つけません。
・掲示物を傷付けずしっかり固定できます。
・くり返し貼ってきれいにはがせる粘着剤です。
・ポスターの貼り付け、メモの仮止め、小物の固定などに便利です。

"ひっつき虫"でポストカードを壁に貼る実践例をもっと見る

【養生テープで壁に貼っていたけど"ひっつき虫"に置き換えた例】


【袋に入れたまま壁に貼っている例】


【ポストカードを入れた硬質カードケースを壁に貼っている例】

使い方は公式YouTubeで

"ひっつき虫"の使い方は、コクヨの公式YouTubeがいちばん分かりやすいです。

以下をクリックすると、ひっつき虫をちぎってポスターを貼るところから動画が再生されます。

注文画面へのリンク(Amazon/Yahoo!/楽天)

必要なグッズはコチラ
▼楽天でも買えます(タ-380N)

「約55山入り」なので、ポストカードの4隅に1山ずつ貼るとしても、

1つ買えばポストカードを13枚も飾れる

計算です。お得!

↑目次に戻る

コルクボードなら、ポストカード以外のアイテムもごちゃ混ぜで飾れる

こんな人におススメ
  • ポストカードもそれ以外のアイテム(※)も、まとめて一か所に飾りたい。
    ※ステッカー、缶バッジ、コースターなど
  • いちど飾ったポストカードのレイアウトでも、あとから気軽に変えられるほうがいい。
必要なグッズはコチラ(コルクボード)

【マグネットもピン(=画鋲)も使えるタイプ】

アスカというブランドのコルクボードには、マグネットもピンも使える「マグピンコルクボード」があります
Amazonの[コルクボード]カテゴリの売れ筋ランキングでは堂々の1位の定番商品です(2021年5月7日時点)。

サイズはS~3Lまで選べますが、ポストカードを飾るならMサイズ以上がちょうどいいと思います。

↑Mサイズのコルクボードとポストカードのサイズ感

【ピン(=画鋲)を使うタイプ】

「マグネットなんか使わなくても、全部ピンで止めたほうが確実でしょ!」という人は普通のコルクボードにしたほうが安いし軽いです。

↑こちらのタイプはAmazonの売れ筋ランキング3位でした(2021年5月7日)。

ポストカード用のフレームに入れて、机や棚に飾る

以下の2つの方法を紹介します。
どちらも、透明のアクリルフレームを使ってポストカードをシンプルに飾る方法です。

タテヨコ両用のアクリルフレームで、ポストカードを1枚ずつ飾る

ポストカード用のアクリルフレームとは、2枚のアクリル板の間にポストカードを挟んで飾るグッズです。

ガラスのようにも見えても"アクリル"は透明なプラスチックなので、割れてもケガする心配が少ないのがメリット。

ただ、アクリル板で挟むときにポストカードの位置がずれたり傾いたりしないように、位置をしっかり決めてから挟む(※)必要があります。
※この作業を「位置決め」などと呼びます

Amazonで高評価のアクリルフレーム2種を比べる

Amazonでポストカード用のアクリルフレームを探したところ、

・レビュー数が多く(100件以上)
・平均レビューが☆4.5以上

という人気のアクリルフレームが2点見つかりました。

比べてみたところ、違いはポストカードの位置を決める方法でした。

[メーカー]
NAKABAYASHI
[メーカー]
アートプリントジャパン
【Amazon評価】
平均☆4.5
【Amazon評価】
平均☆4.5
【向き】
タテ・ヨコ両用
【向き】
タテ・ヨコ両用
【位置決め方法】
両面テープ
【位置決め方法】
仮留シート
【Amazon価格】
¥736
【Amazon価格】
¥918
※価格は2021年4月20日調査時点

ポストカードの位置決め方法は"仮留シート"が好評

NAKABAYASHIのレビューを見てみると、両面テープでポストカードの位置を決める方法は賛否両論。
※位置決めとは?上で解説してます。

私なりにまとめると、

「アクリル板を挟むときにポストカードを固定しておけるので便利」

「両面テープなくてもキレイに挟めるので不要。剥がそうと思っても剥がしにくい…」

といった意見がありました。


アートプリントジャパン仮留シートのほうが、肯定的な意見が多い印象です。

「プリントの位置決めが静電気でずれたりするので、(中略)、仮止めシートのおかげでやり直しが効く&ずれ難いなど格段に作業がしやすくなっています。」
参照元レビュー→仮止めシート (amazon.co.jp)

「上下のアクリル板を合わせた時に中のものがどうしても動いてしまうので、付属の仮止めシートは使ったほうがいいと思います。
参照元レビュー→シンプルで高級感最高です! (amazon.co.jp)

Amazon | A.P.J. アクリルフレーム/フェイスファイブフレーム クリア ハガキ対応(105×150mm) | フォトフレーム 通販

他にもアートプリントジャパンのほうは国内生産品だと明記されていたりだったり、アクリルの純度にこだわっていたりというアピールポイントが見られるので、少し値段が高いだけあって品質は良さそうでした。

むにお

価格差は¥182と大したことないので、自分ならアートプリントジャパンのほうを試してみると思います。

「どっちも☆4.5の高評価なら、とりあえず安い方を試してみようかな」という人はNAKABAYASHIでも良いかと。

注文画面へのリンク(Amazon/Yahoo!/楽天)

↑目次に戻る

ポストカードを4枚まとめて飾れるアクリルフレーム

こんな人におススメ
  • 机の上や棚の上の、せまいスペースにポストカードをたくさん飾りたい。
  • ポストカード1枚飾るためにフレームを1個買うのがめんどう。

↑Twitterで見つけて、真似したいと思った飾り方。

ツイート内容を追っていって、具体的にどのフレームを使っているのか調べてみました。

値段を調べると1,000円かからずお手頃だったので、さっそく注文して4枚のポストカードを飾ってみた感想です。

実践例(買ってみました)

Amazonで注文したら2日で届いたので、さっそくポストカードを入れてみました。

↑まずは完成形からお見せします。
ポストカード4枚をなかなかキレイに飾れてると思います。


↑届いた状態はこんな感じ。
段ボールには入ってなくて、このまま届きました。

↑箱から出してプチプチの梱包シートを外したところ。

↑色付きのフォトフレームは外すことができます。

↑外したフォトフレーム。
生写真を飾るときだけ使うので、今回は外しました。

フォトフレームは紙製です

Amazonで見た低評価レビュー(☆2)の中に「写真の縁(ふち)が、ただ中にカラー紙をはさんでいるだけだったので、ちょっとガッカリ…」という声がありました。
※写真の縁=フォトフレーム

たしかに紙製のフォトフレームでしたが、ポストカードを飾るときには使わないので関係ありませんでした。

↑幅は約25cm。

↑立てて飾った時の奥行は9cmでした。

強度には期待できないので飾る場所には注意

4枚用アクリルフレームはアクリルの部品を接着して作られているので、金具などで補強されてません。
(金属が使われていないのでそのぶん軽いです)

アクリルはプラスチックなので強度にはあまり期待できませんが、地震が来たときに落下しないような場所に飾っておけば壊れる心配はなさそうです。

注文画面へのリンク(Amazon/Yahoo!/楽天)

必要なグッズはコチラ

▼楽天でも買えます(フ-TP-211-4W)

せまいスペースでも4枚飾れるので、場所を取らないのがメリットです。
(置くために必要なスペースは約25cm×9cm)

↑目次に戻る

ポストカードを持ち歩く

ポストカードを「部屋に飾る」以外の選択肢は、「持ち歩く」です。

カバンに付けたりカバンに入れたりして、持ち歩く!

他のサイトでは「部屋に飾る」以外に、

・他人へのプレゼントに添えたり
・切って加工したり

といった選択肢も紹介されてましたが、

「推しのポストカードをそんなことに使うかな…?」

とかなり疑問に思いました。

でも、

「自宅だけじゃなく、外出先でも推しのポストカードを眺めたい!

「友達と会ったときに推しのポストカードを自慢したい!

という人ならいそうだなと思ったので、ポストカードを持ち歩くためのグッズを紹介しようと思いました。

以下のグッズを紹介します。

コアデの"ポストカードカバー"ならカバンにも付けられる

こんな人におススメ
  • 推しのポストカードの中で、お気に入りの一枚を持ち歩きたい。
  • アルバムとかファイルとかは大きくてかさばるので持ち歩きたくない。
  • カバンにポストカードを付けて、推しへの愛をアピールしたい。

アニメイトグループの会社が作ったポストカードカバー

アニメイトグループの「コアデ」という会社が作っている"ポストカードカバー"です。

硬めのプラスチックカバーで、ポストカードを折れや曲がりから守ります。

ストラップやキーホルダーに付いてるようなボールチェーン※を通せるので、カバンからぶら下げることもできます。

実践例

twitterより引用させていただきます。

ポストカードカバーの実践例をもっと見る

【裏面にデザインがあるポストカードにも使える】


【ポストカードカバーをPCに貼り付けて中身の入れ替えを自由に】

注文画面へのリンク(Amazon/Yahoo!/楽天/アニメイト)

↑目次に戻る

コクヨやSEKISUIの"ファイル"にポストカードを収納して持ち歩く

こんな人におススメ
  • ポストカードを収納してたくさん持ち歩きたい(20枚~40枚くらい)。
  • 大きいファイルはカバンに入らないので、コンパクトなファイルが良い。

コンパクトなファイルでも40枚は収納できる

ポストカードをコンパクトに持ち歩きたいなら、開いたときにポストカードが2枚見れるサイズのものがおススメです。


開いたときにポストカードが2枚見れるファイル

これなら、ファイルを閉じたときの大きさはポストカード1枚とほぼ同じくらいでとてもコンパクトなので持ち歩くにはピッタリです。

ファイルには縦型と横型があります。

縦長デザインのポストカードをたくさん持ってるなら縦型のアルバムを、横長なら横型のアルバムを選んだほうが少し見やすいです。


色は5~6種類から選べる

↑で紹介した、縦横2種類のポストカードファイルを比べてみます。
(Amazonのレビューで平均☆4以上のものから選びました)

[コクヨ]
ハセ-6〇
[SEKISEI]
LA-3740-〇〇
収容ポケット数2040
向き縦型横型
サイズ縦158×横120縦127×横182
・ピンク
・緑
・透明
・青
・黄
・オレンジ
・グリーン
・ネイビーブルー
・ブラウン
・ホワイト
・ローズ
型番末尾の「〇」は色で決まります

縦型か横型かにこだわらないなら、【収容ポケット数】か【ファイル自体のデザイン(好みの色など)】で選ぶのが良いと思います。

むにお

個人的には、

・ファイ自体のデザインにあまりこだわらず、安いほうが良いなら[コクヨ]
・値段の割に高級感のある、革っぽいデザインなら[SEKISEI]

かなと思います。

注文画面へのリンク(Amazon/Yahoo!/楽天)

必要なグッズはコチラ

▼楽天でも買えます(ホワイト)

↑目次に戻る

まとめ~【ポストカードの飾り方】シンプルで真似しやすい方法を厳選(必要なグッズも紹介)

この記事で紹介した飾り方と、持ち歩くためのグッズです。

とにかく、

ポストカードを使わないまましまっておくのは本当にもったいない

です。

せっかくゲットしたポストカードなので、部屋に飾るなり持ち歩くなり自分に合った方法で活用しましょう!

最後まで読んでくださりありがとうございました!

↑目次に戻る