乃木坂46の6期生オーディションはいつ?過去のデータから推測

当ページのリンクには広告が含まれています。
nogizaka46 audition next

2024年2月2日に、6期生の募集が開始されました!応募方法などは6期生オーディションの公式特設サイトでご確認ください。

こんな人におすすめの記事です
  • 乃木坂46の次回新メンバーオーディションに興味がある
  • 次のオーディションがいつ開催されるか気になる!
  • 単なる予想じゃなくて、データに基づいた予測を知りたい!

次の乃木坂46の新メンバーオーディションを受けたい人にとって「次のオーディションがいつ開催されるか?」は気になることですよね。

  • 開催される時期によっては年齢制限を超えそうだから…
  • 他にも夢があるから…

などなど、開催時期を気にする理由は人それぞれだと思います。

もしかしたら、Yahoo!知恵袋などでオーディションの開催時期に関する質問をたくさん読んだ人もいるかもしれません
(お疲れ様でした)

この記事では、2015年から乃木坂46のファンをしていて、ブログでオーディションに関する記事を複数公開している私が次回オーディションの開催時期について解説します。

結論を先に言うと「(遅くても)2024年の夏までに6期生の新メンバーオーディションが開催される」と予想しています。理由は記事の中で解説します。

単なる予想ではなく、これまで開催されたオーディションのデータから推測しています

munio

自己紹介です。

オーディション記事を書くまでの経緯
  • 2015年に乃木坂46のファンになり、2020年にファンブログを開設。
  • ブログでいろんなことを書いてきたけど大好きな乃木坂46の未来を左右する新メンバーオーディションに、何らかの形で関わりたい!!」と決めて、2021年にオーディション応募者を応援する記事を書いた。
  • 2021年には5期生オーディションが開催されたので、応援記事は半年で30,000回くらい見てもらえました!ありがとうございます!
  • これまでの乃木坂46のファンをしてきた中で見てきたテレビ、ラジオ、雑誌などからオーディション応募者の皆さんの不安を軽くする情報や知っておいて欲しい情報を提供します。

乃木坂46の新メンバーオーディションに関する記事はここで一覧になっています。
munio-blog→カテゴリ→オーディション


目次

乃木坂46のオーディションが開催される条件

乃木坂46のオーディションがいつ開催されるのか考えるために、オーディションが開催される条件を知っておきましょう。

開催される条件は公式に発表されているわけではありませんが、過去のオーディションのデータを見るとなんとなく分かってきます。

一つずつ解説していきます。

条件1 現役メンバーの人数がある程度減っている

乃木坂46の人数は増えたり減ったりを繰り返す

乃木坂46メンバーは、募集→加入→卒業を繰り返している

乃木坂46の新メンバーオーディションが開催される条件の1つ目は、現役メンバーが卒業して人数が減ってきていることです。
現役メンバーの人数がまだ多いうちは、オーディションは開催されません。

乃木坂46の人数には上限がある

人数が減らないとオーディションが開催されない理由は、乃木坂46の人数はだいたい46〜47人が上限だからです。

乃木坂46の人数の上限は、AKB48が関係している?

乃木坂46の人数の上限は、グループ結成当時の意気込みが関わっています。

(秋元康)
AKB48より人数が少なくても負けないという意気込みを「46」という数字に込めました。

乃木坂46公式サイト→PRODUCERより

そのため、例えば人数が44〜45人いる段階でオーディションが開催される可能性は低いです。

これまでのオーディションが発表された時点の人数は?

実際に、過去に新メンバーオーディション開催が発表された時点の乃木坂46の人数をまとめました。

募集した期開催発表時期現役メンバーの人数※
2期生2012年12月33人
3期生2016年2月35人
4期生2018年3月42人
5期生2021年7月38人
※卒業が決まっていたメンバーの数は引いています

平均すると、37人という結果でした。

オーディション開催発表時点の人数がいちばん多かったのは4期生の時で、42人。ただし実際に4期生が加入される時点では36人まで減っていたので、やはり36人〜37人を下回ると新メンバーが加入するタイミングだといえます。

この記事を書いてる2023/11/18時点の人数は36人なので、人数的にはいつ新メンバーが募集されてもおかしくありません。現役メンバーの人数は乃木坂46公式サイト→メンバーで確認できます。


munio

以上が条件の1つ目です。でも、人数が減っただけではオーディションは開催されません!

続いて条件2を解説します。

条件2 夏休みが始まる前

乃木坂46のオーディションは、だいたい夏休みが始まる前に応募を締め切って、そこから審査が始まる例が多いです。

理由は、東京で開催される最終審査のタイミングを夏休みに合わせておけば、中高生が応募しやすくなるからだと思います。
(過去の実績だとオーディションの年齢制限は12歳〜20歳なので、応募者の大半は中高生になります)

最終審査は東京で行なわれるので、夏休み中のほうが地方在住の応募者が出てきやすいんです

実際に、過去の乃木坂46オーディションの審査が始まった時期をまとめます。

募集した期審査が始まった時期
乃木坂46 1期生2011年7月
乃木坂46 2期生2013年1月
乃木坂46 3期生2016年7月
乃木坂46 4期生2018年7月
乃木坂46 5期生2021年8月
審査が始まった時期=応募を締め切った時期

2期生オーディションだけは冬に開催されましたが、それ以外は夏から審査が始まっているのが分かります。
特に2016年の3期生オーディション以降は連続で夏に開催されているので、次回の新メンバーオーディションも夏に開催される可能性が高いと思います。


munio

以上が2つ目の条件です。これまで夏に開催されてきたのは偶然ではないってことですね。

最後は、3つ目の条件です。

条件3 他の坂道グループのオーディションが開催されていないこと

乃木坂46のオーディションが開催される条件の3つ目は、乃木坂以外の坂道グループのオーディションが開催されていないことです。

乃木坂46以外の坂道グループ
  • 櫻坂46(元 欅坂46)
  • 日向坂46(元 けやき坂46)

乃木坂46より後に結成されたので、どちらも妹グループのようなものです。

他の坂道グループとオーディション時期が被らない理由はシンプルで、オーディションが被ると2つのグループで応募者を奪い合ってしまい応募する人数が減ってしまうからです。

オーディションに応募した人数が前回から減ってしまうと、世間から「グループの人気が落ちてきているのかな?」というマイナスイメージを持たれてしまいます

過去のオーディションも他の坂道グループとは被っていない

実際に、坂道グループのこれまでのオーディション開催日程を見てみましょう。
※坂道グループが乃木坂46だけだった時代は省略します

グループ 期生オーディション開催発表時期
欅坂46 1期生2015年6月
音楽ナタリーより
けやき坂 1期生2015年11月
乃木坂46 3期生2016年2月
(応募開始は7月〜)
けやき坂 2期生2017年5月
欅坂46公式サイトより
(坂道合同)2018年3月
オーディション公式サイトより
乃木坂46 5期生2021年7月
乃木坂46公式ニュースより
日向坂46 4期生2022年3月
(5月に最終審査)
日向坂46公式サイトより
櫻坂46 3期生2022年6月
櫻坂46公式サイトより
「欅坂46→櫻坂46」、「けやき坂46→日向坂46」に途中で改名しています

乃木坂46のオーディションが開催された年には、他の坂道グループのオーディションは開催されていないのが分かります。

2022年の日向坂46と櫻坂46の例は時期が近いように見えますが、実際は日向坂46のオーディションの最終審査を終えた後で櫻坂46のオーディションの開催が発表されています。やはり、坂道グループ同士でオーディションの時期は被らないことが分かります。

坂道合同オーディションだけは特殊なオーディションだった

2018年の坂道合同オーディションは、全グループのオーディションが被ってるんじゃないの?

munio

たしかに被っています!ただ、坂道合同オーディションは一度きりの特別なオーディションだったと推測します

坂道合同オーディションとは?
  • 2018年の夏に開催された、坂道グループ全体の新メンバーオーディション
  • 合格時点では配属されるグループがまだ分からない、異例のオーディションだった
  • 最終的に乃木坂46の4期生、櫻坂46の2期生、日向坂46の3期生として配属された
    ※オーディション時点では、櫻坂46は”欅坂46″、日向坂46は”けやき坂46″という名前でした
  • 応募者は12万人以上で、どの坂道グループのオーディションよりも多かった

坂道合同オーディションは、乃木坂46、櫻坂46、日向坂46の3グループの新メンバーを一斉に募集するイベントでした。

さきほど「乃木坂46のオーディションは他の坂道グループのオーディションとは被らない」と説明したばかりなのに、おもいっきり被っているわけです(汗)

ただし、坂道合同オーディションがまた開催される可能性は低いと思います。1回目は話題になって応募者も多かったですが、また同じことをしても世間から飽きられてしまうからです。

実際、2018年の坂道合同オーディション以降は、各グループが単独でオーディションを開催しています
(乃木坂46 5期生、日向坂46 4期生、櫻坂46 3期生)

まとめ 2024年の夏までに開催される可能性が高い

この記事で解説したことをおさらいします。

乃木坂46オーディションが開催される条件
  • 現役メンバーの人数がある程度減っている
  • 中高生の夏休みが始まる前
  • 他の坂道グループのオーディションが開催されていない

以上の条件が全てそろって乃木坂46の6期生オーディションが開催される可能性が高いのは、2024年の夏だと予想します。

  • 現役メンバーの人数がある程度減っている
    2023年11月時点で36人なので、過去のデータからすると新メンバーが募集される条件を満たしています
  • 中高生の夏休みが始まる前
    2024年の夏に開催されればこの条件も満たされます
  • 他の坂道グループのオーディションが開催されていない
    乃木坂46は2021年、櫻坂46と日向坂46は2022年にオーディションを開催したので、次は乃木坂46の可能性が高いです

不確定な情報に振り回されないで!

ただし、この記事も含めて乃木坂46公式サイトで発表されている情報以外は、全て不確定な情報です。次いつ開催されるのか心配な気持ちは分かりますが、情報に振り回され過ぎないように気をつけてください!

具体的には、オーディション開催時期について「Yahoo!知恵袋で回答を2〜3個読んだ」「このブログ以外の記事も2〜3記事読んだ」「もう3日以上、暇があればスマホで調べてる」という人は、これ以上調べる必要はないでしょう。

開催時期についてこれ以上調べてもあなたの大切な時間が無駄になるだけなので、いったんスマホをいじる手を止めましょう!

そして「いつ開催されるかハッキリとは分からないけど、もし開催されたタイミングでまだ興味があれば受けてみよっかな」くらいに考えておいて、普通に乃木坂46を応援しましょう。応援してさらにオーディションへの興味が増えても良し、飽きて興味がなくなったらそれはそれで良しです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

munio

munio-blogでは、乃木坂46のオーディションに興味がある皆さんを応援しています!


オーディションに関する記事は他にも公開しています

オーディションまでに不安や疑問を少しでも減らしておきたい人は、よかったら別の記事も読んでみてください。

▼乃木坂46の新メンバーオーディション全般に関する記事の紹介

「オーディションに興味があるけど何から調べればいいか分からない!」という人はとりあえずこの記事からどうぞ!!

▼不安別の記事の紹介(気になる記事からどうぞ!)

▼記事に載っていない内容で不安なことがあれば

不安別の記事の下のほうにコメント欄を設置してあるので、そちらから入力してください。記事上でのやり取りで回答させてもらいます。

未来の乃木坂46になるかもしれない皆様と私のようなただのファンが直接やり取りをするわけにはいかないので、個人情報は何も入力しないでください(メールアドレスもいりません)!ニックネームだけでOKです!

2015年から乃木坂46のファンをやっている知識と経験を総動員して、できる限りお力になれるようコメントを返信させてもらいます!

▼乃木坂46の歴史を効率よく知れる本や映像作品

こんな人におすすめの本や映画を紹介
  • 昔からの乃木坂46ファンってわけじゃないから、グループの歴史をあんまり知らない
  • 乃木坂46の歴史の中でこれまでどんな出来事があったか知るにはどうしたらいいの?

「じっくり読んで乃木坂46のこれまでを知りたい」ならドキュメンタリー本、「映像を見て短時間でざっと知りたい」ならドキュメンタリー映画をおすすめします。

乃木坂46公式のドキュメンタリー本 第1弾

『乃木坂46物語』では、2011年〜2015年の歴史を振り返っています。出来事としては1期生オーディションから紅白歌合戦初出場くらいまでなので、グループ初期にメンバーが感じた苦労や裏話を知れます。
※掲載メンバーは1期生と2期生のみ


乃木坂46公式のドキュメンタリー本 第2弾

6期生オーディションを受ける人には、第2弾ドキュメンタリー本『10年の歩き方』のほうがオススメです。
皆さんの先輩になるかもしれない3期生〜5期生がオーディションを受けた理由や、オーディション当時の思い出が掲載されています。


乃木坂46のドキュメンタリー映画第1弾

2015年に公開された映画なので、ドキュメンタリー本の『乃木坂46』とほぼ同じ期間の歴史を知れます。


乃木坂46のドキュメンタリー映画第2弾

[PR]

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次