緊張も失敗も当たり前!乃木坂46オーディション合格者が歌唱審査でやらかした失敗談

こんな人向けの記事です
  • 乃木坂46の次回新メンバーオーディションを受けようと思っている人の中で、
  • 「歌唱審査なんて緊張しそうだなぁ…」「失敗したら恥ずかしいだろうなぁ…」と不安になっている人に、
  • 過去のオーディションで合格した先輩メンバーも、歌唱審査でいろーーーーーーーんな失敗をしてきたから大丈夫だよ!!!むしろ失敗するのが当たり前だよ!!!ってことを伝えたい記事です。
むにお

自己紹介です。

  • 2015年から乃木坂46のファンをやっています。まだ1期生と2期生しかいなかった頃です。
  • 2016年の3期生オーディション、2018年の4期生オーディション(=坂道合同オーディション)はファンとして普通に見守ってきました。2020年に乃木坂46のファンブログをスタート。
  • 2021年、ブログでいろんな記事を書いてきたけど「大好きな乃木坂46の未来を左右する新メンバーオーディションに、何らかの形で関わりたい!!」と思い、オーディション応募者を応援する記事を書く。
    (ちょうどその年に5期生オーディションも開催されたので、半年で30,000回くらい見てもらえました)
  • そこそこ長いファン歴で見てきたテレビ、ラジオ、雑誌などからオーディション応募者に知っておいて欲しい情報や不安を軽くする情報をこれからも提供したい!

※オーディションに関する記事は以下で一覧になってます。
munio-blog→カテゴリ→オーディション

乃木坂46の歌唱審査で先輩メンバーがやらかした失敗談を紹介

やらかした!

乃木坂46の新メンバーオーディションでは、歌唱審査が必ずあります。

審査員に見られている前で歌う状況なんて、想像するだけで緊張してしまいそうで不安になりますよね。

そんな時、乃木坂46の先輩メンバーの失敗談を知っておくと歌唱審査の不安が少し軽くなるかもしれません。

なぜなら「こんな失敗をしても合格した先輩メンバーがいるんだな」「ライブではあんなに堂々していた先輩メンバーも、初めはこんなだったんだな」と希望を持てるからです。

失敗のパターン別に紹介します。

歌詞を忘れたり間違えたりした先輩メンバー

緊張したら歌詞を忘れたり間違えたりしそうだなぁ…

↑こんな心配をしている人、大丈夫です。

乃木坂46加入後、センターに何回も立ったことのある先輩メンバーだって歌唱審査では歌詞を間違えています。

歌詞を間違えまくった1期生 西野七瀬

画像引用元:西野七瀬1stフォトブック『わたしのこと』 | 西野 七瀬 |本 | 通販 | Amazonより

センターに立った経験もある1期生の西野七瀬は、「審査員の顔を見て歌おう」と思ってモニターに映る歌詞を見ないで歌ったら、歌詞を間違えまくったそうです。
【出典】乃木坂46物語 第2章

緊張でメロディーの記憶が飛んだ1期生 川後陽菜

画像引用元:川後陽菜 インタビューフォトブック(Amazon)

1期生の川後陽菜は、緊張でイントロ(=歌詞がない部分)のメロディーしか思い出せず鼻歌で歌唱審査を乗り切ったそうです。

▼川後陽菜本人が歌唱審査を振り返っている動画も見れるので、実際の雰囲気を知りたい人は見てみてください。
【出典】川後Pと乃木坂46時代のエピソードトーク1問目が盛り上がりすぎて!?【初コラボ】 – YouTube(5:10あたりからオーディションの歌唱審査の話)

歌唱審査当日になって曲を変えてみたら歌詞を間違えた4期生 清宮レイ

↑清宮レイ(写真右)

4期生の清宮レイは、緊張で失敗したわけではなくて少し特殊な失敗例です。

清宮レイは、2次審査の2日前にアカペラの歌唱審査があることを思い出したとか。

歌おうと思っていた曲を練習していったけど、なんと歌唱審査当日の気分で歌う曲を変えてみたら歌詞を間違えたそうです。
【出典】ベルク presents 乃木坂46の乃木坂に相談だ!|#21 乃木坂46 4期生メンバーオーディションの舞台裏|AuDee(オーディー)

「歌唱審査当日に気分で歌う曲を変える」なんてことは普通の度胸では出来ないと思うので、真似しないほうがいいと思います!

練習の通りには歌えなかった先輩メンバー

緊張して練習の成果が出せなかったらどうしよう…

↑こんな心配をしてる人も大丈夫です。

歌唱審査当日の緊張感の中では、練習のようには歌えないのが当たり前です!

ボイトレまで受けたのに思うように歌えなかった1期生 伊藤万理華

画像引用元:Amazon(伊藤万理華写真集 エトランゼ)

1期生の伊藤万理華は、歌唱審査のためにボイトレを受けていました。

それでも、本番では声が裏返りまくったそうです。
【出典】乃木坂46物語 第2章

歌ってきた経験が少ない人は「ボイトレ教室に通ったほうがいいのかな…?」とか考えてしまうかもしれません。でも、ボイトレを受けても急にうまくなるわけではないし、歌唱審査でその成果が確実に出せるとは限りません。

無理せず、今のあなたの素の声を聴いてもらえば十分だと思います。

サビを歌う前に曲を止められた1期生 秋元真夏

画像引用元:Amazon(乃木坂46 秋元真夏2nd写真集 『しあわせにしたい』)

1期生で2代目キャプテンの秋元真夏は、サビに入る前で曲を止められてしまったそうです。

【出典】白石麻衣 誕生日前日記念Live!自称・双子のアイツが来るとか来ないとか…?(YouTube)

秋元真夏本人は「絶対に落ちた」と思ったそうですが、結果的に合格しています。

思ったより短い範囲しか歌わせてもらえなかったとしても、それだけで不合格になるわけではないんですね。

緊張で泣いてしまった先輩メンバー

緊張すると涙が出てきちゃう癖があるんだけど、歌唱審査でも泣いちゃったらどうしよう…

↑こんな人もそこまで心配する必要はないです。

歌唱審査で泣いちゃう人はめずらしくないからです。

歌いながら泣いてしまった4期生 黒見明香

4期生の黒見明香は、緊張しすぎてアカペラで歌いながら泣いてしまったそうです。(4期生 黒見明香)
【出典】ヌンチャク始めました☺︎ 黒見明香 | 乃木坂46 新4期生リレー 公式ブログ (nogizaka46.com)

泣き出してマイクが持てないほど手が震えた5期生 岡本姫奈

5期生の岡本姫奈は人前で歌った経験がなかったので、歌唱審査ではとても緊張したそうです。

岡本姫奈は子供の頃からバレエを習っていてコンクールにも出場していたそうなので、「人前に立って踊る」ことには慣れていたはず。

それでも「人前に立って歌う」ことになると全然別で、人前に立った経験が多い人でも緊張してしまうんですね。

(乃木坂以外)泣きすぎて鼻ちょうちんが出来た日向坂46の3期生 森本茉莉

乃木坂46の4期生と同じオーディション※を受けて別の坂道グループに加入したメンバーの例も紹介しておきます。
※2018年夏の坂道合同オーディション

日向坂46に3期生として加入した森本茉莉は、最終審査の歌唱で泣きすぎて、鼻ちょうちんを作りながら歌ったそうです。
【出典】こんにちは!み、み、魅惑の3文字ま・り・ぃです!森本 茉莉公式ブログ | 日向坂46公式サイト (hinatazaka46.com)


まとめ〜緊張も失敗も当たり前!乃木坂46オーディション合格者が歌唱審査でやらかした失敗談〜

この記事では、過去の乃木坂46オーディションの歌唱審査で実際にあった失敗談を紹介しました。

最後にもう一度強調しておくと、ここで紹介した失敗をやらかした先輩メンバーは全員オーディションに合格しています。

みんな、歌詞を忘れたり間違えたりしても、練習の成果が出せなくても、サビまで歌わせてもらえなくても、緊張で泣いてしまっても、それでも合格してるんです。

だから次回新メンバーオーディションを受けようと思っている未来の乃木坂46の皆さんも、

「緊張しても失敗しても当たり前。ライブであんなに堂々としている先輩メンバーだって、歌唱審査ではいろんな失敗をしていた」

と覚えておいてください!

歌唱審査当日、少しは気がラクになるはずです!!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!!


▼乃木坂46の新メンバーオーディション全般に関する内容は別記事で解説しています。「何から調べればいいか分からない!」という人はとりあえずこの記事からどうぞ!!

乃木坂46の次回オーディション(6期生)を受ける人の不安を軽くしたい!

▼乃木坂46の歴史を効率よく知れる本や映像作品

「乃木坂46のオーディションを受けようと思っているけど、グループの歴史をそこまで知らない…」という人は参考にしてみてください!

▼乃木坂46公式のドキュメンタリー本


▼乃木坂46のドキュメンタリー映画第一弾


▼乃木坂46のドキュメンタリー映画第二弾